2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

McKinsey Japan 壮行会

本日は表題の通り、マッキンゼージャパンの留学前説明会に参加してきました。

どうやらコンサルティングファームのこの手の事前説明会(というか壮行会)は何度も行われているらしく、出席者の人は皆、顔なじみのようでした。Tepperの同期の人に会えるかなーと思いましたが、いらっしゃっていなかったようです。さみしー。笑

内容は以下でした。
①入社8年、社会人歴15年くらいのマッキンゼーパートナーによる会社紹介
②来年夏のマッキンゼージャパンの留学生向け研修プログラムの説明
③現役コンサルタントとの懇親会

①ですが、まあ当たり障りないというか・・・。10分くらい時間が余ったので質疑応答となりました。
で、「行っとくか!」ということで質問しちゃいました。「金融インダストリーのお客さんの国内・外資の比率は?国内金融のグローバル戦略に関して、お客さんがマッキンゼーに期待することは?」
「比率は国内:外資=9:1くらい。グローバル化への支援は非常に期待されていて、日本の金融はFinancial crisisの影響をあんまし受けてなくてうんぬんかんぬん。」
・・・まあこんなところです。守秘義務もあるでしょうしね。。。

②は日本オフィスの場合は、社費による留学生が多いということで、基本無給のロールプレイ主体の研修のようです。(インターンではないので、当然リアルな顧客と接するわけではない。)まあ考えてもいいかなという感じでした。来年の夏、日本に戻ってくるかなぁ・・・。笑

③ですが、ちょうど今年からHaas(UC BerkeleyのMBA)に行くという若手コンサルタントのお兄ちゃんがいたので名刺交換しました。これで現地ビジットしたMITに一人、Haasに一人、そしてMBA同期のHaasが一人で合計3人のマッキンゼー社員と名刺交換しました。。。どんだけいるんだ、マッキンゼー。笑
つーか、Haasに落ちたのこの人のせい?笑

総括ですが、マッキンゼーの良さは以下かなと感じました。
・非常にフラットな組織構造で社員のほとんどがプレイヤーであること
 (一部のスタッフと経営者を除く)
・中途採用の人達のキャリアは非常にdiversityが高く(医者や広告マンなど)、かつ彼らの持つ特性やノウハウがワールドワイドに共有されていること
・問題解決型を標榜しており、短期集中型のプロジェクトマネジメントで顧客の核心に迫るコンサルティングを提供することが文化となっていること。

ただやはり彼らもコンサルティングが自分のゴールだと思っている人は少なく、マッキンゼーで培ったネットワークを利用して次に進んでいこうと考えている人が多そうでした。ということで、マッキンゼーからMBA留学する人達は皆、休職&学費ローンです。まあそんな人達を差し置いてHaasに入ろうと思う自分がおこがましいような気がしつつ、帰路につきました。笑

私は今の自分の会社に入社したとき、そのフラットな雰囲気に可能性を感じたものです。上場し、時を経てその良さが風化しつつあるのを感じるのは僕だけではないような。。。出すぎた釘になって、壁を打ち破ることが求められているなぁとも感じた夜でした。

Think big and optimistic!
Be the best in the world!
ですね。上記を勝手に「Tepper魂」と呼んでしまおうかな・・・
[PR]
by mshiba64 | 2009-06-05 00:56