2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2009/10/03 Track説明会

忙しいMini-1もいよいよ終盤に差し掛かってきました。

学生の中にはCase Competitionに出場して優勝している人もいたりして、負けられないなーと思っています。Japan Trekもブレストの段階を経ていよいよ実行段階に入ろうとしており、楽しみになってきました。温泉を外人に紹介するのに、火山層と湿気の説明が必要そうです!笑 我々にとっても日本を知る良い機会だなーと感じているところです。

さて、昨日Tepperで実施されるTrackの説明会に参加してきました。Trackとはより特定のエリアに重点を置いたカリキュラムを組むことができる仕組みです。学部をまたがった幾つかの選択科目、および実体験型のCapstone Projectを履修することで今後のキャリアパスに向けた準備をすることができます。

例年、Tepper学生の25%がこのTrackを選択します。75%の学生は通常のGeneral Management(つまりTrackを選択しない)コースに進みます。Trackは以下の7種類となっています。

①Biotechnology
②Entrepreneurship in Organizations
③Financial Engineering
④Global Enterprise Management
⑤Investment Strategy
⑥Management of Innovation and Product Development
⑦Technology Leadership

今回は①②⑥⑦の説明が実施されましたが、説明会が終わった瞬間に⑦を履修することを決意してしまいました。。。実は②や⑥にも興味があったのですが、CMUのComputer Scienceの教授がアテンドする⑦の説明を聞いてしまうとエンジニア魂に火が付いてしまったというのが正直な所です。笑

よくMBAのAdmissionの広告などで、「Get the most of it」という言葉を見ます。私にとってもCMUのitは、やはりComputer Scienceの聖地としてのファシリティやそこに集う学生達だなーと思っています。

このTrackの前提となっている選択科目も以下の通りおもしろそー!
・Managing Software Development
・Information Security and Privacy
・Human-Computer Interaction for Technology Executives
・Mobile and Pervasive Computing Services
・Inventing the Future of Services
早いとこ必須科目ばかりのつまらない生活から脱却してTrackに没頭したいものです。

尚、一緒に説明会に出ていた仲間の中には、自分の今までのキャリアと違うTrackを取りたいが悩んでいるという意見もありました。理由は、今の就職難の中で業種を跨いだキャリアチェンジに迷いを持っているからです。そういう意味で私はとても恵まれた環境にいるなーと思うとともに、彼らの持つそのような悩みも一緒に共有しつつ熱く2年間を乗り越えられたらいいなーと気持ちを新たにした次第です!
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-04 13:23