2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2009/10/04 グローバル化という鏡(五輪落選)

こんばんは。

東京が2016年五輪誘致活動にて落選しました。アメリカではシカゴが第一落選したことが大々的に報じられています。

南米初の五輪誘致というお題目の中でリオデジャネイロが当選したのは当然の結果とも言えます。それに対して2008年に北京オリンピックが開催されるにも関わらず、同じ極東アジアとして名乗りを上げた東京には国民の中にすら「何故?」という疑問符があったことは明らかだと思います。

本日Yahooのニュースに出ていましたが、日本は主要33カ国中、自国への誇りが最下位であることが調査で分かったそうです。しかも32位の南アフリカにも10%近い差を付けられています。僕にはこの結果と、東京五輪誘致時に国民へのマーケティングが浸透しなかったことに少なからず関係があると思えてなりません。

現在、Tepper日本人学生にてJapanTrekを計画していますが、その活動の中で私が痛切に感じるのは自分が日本の事を良く知らないという事実です。それを感じた僕はTrekミーティングにて、メンバーに「我々の求めているものは何か?本質的なスローガンは何か?」を改めて聞いてみました。出た答えは3つ。

・国際交流に貢献する経験の第一歩
・日本のプレゼンス向上への寄与
・日本の良さ/悪さを我々が再認識する

今、見返してみてなるほどなーと思います。
このスローガンってそのまま五輪誘致に使えますよね。笑

問題の本質は、これらのスローガンを実行するためにどうしてもグローバル化という視点で日本を見つめなおす必要があるということです。成熟した日本では、以前の東京オリンピックとは違い、世界のリーダとしてオリンピックをホストする責任があるはずです。自国に誇りをもてない国民にその資格はまだありません。

「誇り」という言葉で以下のサイトを見ています。さすがHBS。僕もさすがTepperと言われてみたいものですね。僕ができなくても5年後に、いや10年後でも。。。その気持ちを次の東京五輪誘致に伝播させていきたいものです。
http://hbslife.exblog.jp/i5/
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-04 16:13