2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2009/12/01 Wake Forest Case Competition Vol1

こんにちは。

決して書くことがないわけではないのですが、ブログが休みがちでした!Mini-2の授業も終盤に差し掛かってきていますが、大分非アジアの友達も増えてきた感じです。

さて、今日は私が初めて体験したCase Competitionについてです。

皆さんCaseってご存知ですか?いわゆるTeaching MethodのひとつでWikipediaでは以下のように定義されています。
The case method is a teaching approach that consists in presenting the students with a case, putting them in the role of a decision maker facing a problem.

まさにこの定義どおりで、MBAの授業の中でもより授業内容の理解度を深めるために教授が特定の企業に関するCaseを持ち込み、生徒に議論をさせたりします。授業で習った理論をうまく活用できるかを判断されるのはもちろん、それに加えてCaseの本質を見極める力や論理的思考力、他の学生とのコミュニケーション力や議論のファシリテーション能力まで見透かされてしまいます。(で、日本人は後者の能力を発揮する際に英語の壁にぶち当たるわけです。笑)

Case Competitionとはその名の通り、ある特定のCaseに関して学生がグループになってソリューションを考案し、学内/学外の他のグループとその成果をプレゼンなどで競う競技会です。私は今回、比較的事前準備が楽そうで、私の持つ専門性が発揮しやすいCaseに応募することとしました!

Wake Forest Case CompetitionはWake Forest UniversityのMBAプログラムの学生がアテンドするコンペで、IBMがスポンサーとなっています。本選に出場するためには事前に2つのケースに対するソリューションを記述したドキュメントと、各メンバーのレジメを提出して審査に合格する必要があります。

発表となったケースはこちら
1.IBMは3大ゲーム機のマイクロプロセッサーを生産している(PS3, XBox, Wii)。2009年3月にIBMは非常に売れているWiiに搭載されているプロセッサーを総計5000万個出荷した。マーケティングの観点からWiiでの成功を他のゲーム機に適用するためにIBMは何ができる(何をするべき)か?(任天堂との密接な関係を同時にどう保つかも検討すること。)

2.他の競合チームに対してあなたのチームの秀でたところを教えて下さい。創造力豊かにお願いします!

うーん、とっても面白いCaseです。なんといっても日本企業の話じゃーないですか!ということで、大胆にも私がリーダとなって3人のメンバーに声をかけて私のCase Competition活動は開始しました。(台湾人で元SONYでマーケティングやってた女の子にも声をかけたが断られた。。。ショック!笑)メンバーは以下の通りです。

・Logan
元建築家でおしゃれなナイスガイです。前職では主にカジノの導線設計をやっていて、いかにしてカジノにお金が流れやすくなるかなどを設計に取り込むそうです。すごいアメリカ的な職業ですよね。アーキテクトなのでコンピュータに関する見識も深いですが、奥さんの意見にはいつもタジタジです。

・Se Yun
韓国から来たアルマーニなど海外ブランドの韓国進出の際のバイヤーなどをやっていたガイです。これまたおしゃれな奴で、石田純一ばりに裸足にローファーとか履いてきたりします。石田純一の娘さんもCMUにいるので見せてあげたいくらいです。笑)彼はコンピュータはむしろ苦手な方みたいですが、私と同じくCase Competitionをまず経験してみたかったようです。

・Antoniちゃん
スペイン人留学生です!彼に関しては語ることが多すぎてやばいくらいおもろい奴です。U.K.ケンブリッジのTOSHIBA研究所で音声認識関連の開発をやっていたようです。非常に日本通で、僕に会うと日本語しゃべってきます。「ちくしょー」とか。笑)顔はキアヌリーブス系です。何度か飲みにいったり、僕の家で飯を食ったりしましたが、今のところ、うちの奥さんの一番のお気に入りです。笑

で、僕がリーダなわけです。。。こんな奴らを相手にするので、嫌でも嘘でも自分の意見を持って臨まないとすぐに活動が破綻します。どうなることやら、ということでその2に続きます。。。

P.S
皆さんならこのIBMのケースに対してどのようなマーケティング戦略を提案しますか?
[PR]
by mshiba64 | 2009-12-04 04:49