2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2010/03/27 久々のBostonその2

Boston二日目です。

本日は今回のビジットの主目的であるAsia Business Conferenceに参加してきました。朝7時にホテルを出てHarvardへ。学生の人数が多いとはいえ、Harvard Business Schoolは広すぎ。笑)受付のビルもとても綺麗でホテルのロビーのようです。

Registrationを終え、コーヒーとマフィンを取ってキーノートスピーチの会場へ。朝のキーノートスピーチはマネックス証券の松本大社長でした。スピーチ前の松本さんと名刺交換&歓談しました。ハードなスケジュールの中、寝不足だとおっしゃっていました。印象よりもとてもユーモアがある暖かい方な印象でしたね。

キーノートは、ご自身の過去を振り返りつつMBA Studentへのメッセージを送るものとなっていました。特に印象的だったのは、Chanceを逃さない生き方。私の理解は「常にChanceを見逃さないように用意周到に準備をして、同じように準備をする仲間を自分の周りに常に置いておく」ということだったかなと思います。ソロモンに入社したのも、まだ駆け出しのゴールドマンサックスに入社したのも、マネックス証券を立ち上げたのも全て自分にとってベストのチョイスをしただけだとおっしゃっていました。22歳のときにHarvardに来て自分の英語がまったく通じなかった悔しさがグローバル金融へ就職するきっかけになったそうです。

プロフェッショナルとしてその人の仕事の哲学/流儀が再定義される瞬間があると僕は思います。MBAではそれをソフトスキルと呼んだりもしますが、一流の方のお話を伺う意義はここにあると思います。私も遅ればせながらその再定義の時間をMBAで過ごしていると考えています。日本にいては分からない問題意識や使命感も少しずつですが、整理されてきています。

その後、4つのパネルディスカッションと2つのキーノートスピーチを消化しました。TechnologyセッションはDocomo USAの社長とLGのProduct Plannerの方がいらっしゃったためか、Smartphoneの話題が多かったですね。私も常々思っていますが、Androidなどのオープンソースを基盤としたSmartphone上のソフトウェアサービスが今後アジア中心に盛り上がることは間違いないと思います。

Clean Techセッションでは中国でのCO2 emissionを抑えるための活動をされている方々のパネルでした。特にJUCCCEというNPOのチェアマンであるPeggyさんがとてもパワフルで印象に残りました。中国の市長達に温暖化対策への働きかけをしてボトムアップで温暖化を食い止める活動をされているようです。広島の核廃絶の活動とも重なる部分を感じましたね。彼女はMITを卒業していますが、その後VCやネット系アントレ、マネジメントコンサルなどを経験して今に至るとのこと。うーん、才女ですね。

Energy Efficient CarsセッションではなんとTOYOTAから社費で留学しているHarvard1年生の方がパネラーでした。朝名刺交換させてもらっていましたが、いやーすごいですね。とにかく英語ペラペラ。TOYOTAというプレゼンスも相まって目立ってました。さらに面白かったのが日産でITを使った運行最適化のシステムを開発している方。もともとはNECにいらっしゃったそうで、SIPをプロトコルで使ったりCloud computingで大量の車から発信されてくる情報を分析処理するなど。最近は大規模データのリアルタイム処理がHadoopなどの登場により、スクラッチで作らなくてもよくなってきました。その技術を車に取り入れたいのだが、ITが分かる人がいなくて困るとカクテルパーティのときにおっしゃっていました。

好きこそものの何とかと言いますが、非常に高いレベルでそれを成しえている人達のパネルが盛りだくさんでHarvardのすごさを垣間見た感じがしました。来年も来よう、そしてその時にもっと充実した時間を過ごせるように日々精進しようとモチベーションを新たにしたとても価値あるカンファレンスでした。

夜はMITのMOTに通っている会社同僚のIさんとロブスター食べました。1年半のコースなので、やっと慣れてきた頃に帰国するという感じらしいです。私もその気持ちは痛いほど分かります。6月に帰国されるということで、その前に一度東海岸留学組で飲もうという約束をしました。

さあがんばろう!Getting the most of MBAです!
b0178194_1944452.jpg
Harvardへ行く途中でリスと遭遇。Bostonの公園にはリスがたくさんいます。
b0178194_19441957.jpg
Harvardの学生寮。綺麗や。
b0178194_19432328.jpg
キーノートスピーチ会場。
b0178194_19443119.jpg
Energy Efficent Carsのパネル会場にて
[PR]
by mshiba64 | 2010-03-28 19:46