2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2010/04/04 Japan Trek番外(藤森さんのお話)

こんにちは!

Japan Trek開始時からはや1ヶ月が経とうとしています。時差ボケとともにTrekをやりきった達成感でやや放心気味だった感がありますが、先週あたりからやっとエンジンがかかってきて次に向けた仕込みを開始しつつあります。

Trekの中で最も印象的な出会いはやはりGE日本の藤森さんになりました。日本とアメリカのそれぞれの良さ、文化の違いを理解し、かつグローバルに活躍されているリーダが卒業生にいらっしゃるというのは本当にかけがえのないリソースだと感じました。今回は藤森さんとのお話。

○藤森さんとMBA
まず何といってもMBA話ですね。パーティの際に、「私は毎日自分のIdentityを模索してそれを英語で伝えることに苦労している。時にうまく伝わらず悔しい思いばかりだ」と伝えました。彼はTepper履修中はそれこそ全戦全敗だったそうです。毎日打ちひしがれてそれでも負けずにトライする日々だったとか。そしてTepperを修了して日本に帰った際に自分が渡米前と180度違う考え方を持つようになっていたことに気付いたそうです。そしてMBA(グローバルにビジネスを展開すること)を理解した上で日本の持つリソースを使えば、十分に戦えることに気付いたそうです。これには勇気付けられました。

○Cultural Code
まさか藤森さんからこの言葉がでるとは思いませんでした。。。笑
私も以前のブログで書いたものです。

1.ネットワーキング
2.ビジネスの考え方の基礎
3.Cultural Code

藤森さんは上記の3つがMBAで自分が得たものだとおっしゃっていました。3つ目の意味は、自分のカルチャーを受け入れてもらうこと、そして他国の文化にアジャストすることだそうです。私にとってもこれが最も難しい経験となっています。自分に自信はあるのですが、言葉の壁・コミュニケーションの壁・物事に対するアプローチの違いが私を邪魔します。きっとこの問題は解決しないのでしょうが、少なくとも藤森さんのようにそれに真正面から向かっていく気力だけは保ちたいと気持ちを新たにしました。

○日本の若者
あと藤森さんはかなりストイックな状況に自分を追い込んだ上で単身でMBAに乗り込んだそうです。もちろん皆がそれをやるべきとおっしゃっているわけではなくて、それくらいの覚悟で真正面からMBAに取り組まれたことを伝えたかったのでしょう。なぜなら、彼の問題意識として今の日本人の若者がストイックさを失っていることがあるからです。彼の目には「技術が好きでない」、「CEOになるよりも自分の私生活をHappyに過ごしたい」今の若者像があるそうです。

中国との対比もあるのでしょう。彼は中国へのGEのBudgetシフトを何とか日本へ振り向けたいと日夜がんばっていらっしゃるわけです。私の会社は中国オフショア進出で有名ですが、中国人プログラマ達の勉強熱心さはすごいものがあります。CMUのComputer Scienceの学生比率を見ても明らかです。

○日本のプレゼンス
日本にはアントレな人々やシリコンバレーのような仕組みはないとおっしゃっていました。だからこそ、パートナーシップや技術、グローバルなリーダーシップによってプレゼンスを発揮することが今の日本のビジネスに必要なことだとおっしゃっていました。もちろんそれを体現しているのが彼ということなのでしょう。

何度かこのブログに書いている気がしますが、私はMBAでこちらにきて日本はつくづく「物作り」の国だなと実感しています。日本人の文化である「きめ細かさ」ともいえます。アメリカにマネージメントを学びに来てそれを知るとは皮肉な感じもします。でもその物作りの文化を絶やさず、今までとは違った関わり方で世界にそれを広められれば日本の未来は明るいのかもしれません。そこにはグローバルなパートナーシップやマーケティングなどMBAで学んだことが活きるはずです。私も微力ながらITの世界でそれを具現化できればなと感じました。


1時間足らずのディスカッションでしたが、非常にインスピレーションをもらうものとなりました。
でもやっぱり最後は気合と体力なんですね。ガッツでがんばります!
[PR]
by mshiba64 | 2010-04-05 04:11 | Japan Trek