2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:未分類( 81 )

2010/08/16 リーダーシップとマネージメントの違い

こんばんは。ブログがご無沙汰になってしまいました。8月はいろんなとこ行って、インターン中の同級生に会ったりしてました。この歳になっても友情って大事♪

さて、新学期に備えて部屋の片付けでもとやってると例によって、昔に買った本などが気になって手を取ってしまい時間を潰すことに。。。渡米前に日本で買っていたThe One Thing You Need to Knowです。この本は優秀なマネージャー、リーダーであるために最も必要なことは何か?を解説していますが、本書のアプローチの面白いところは

どんな行動の中にリーダーシップやマネージメントが存在するかを議論したうえで、そうした行動がどんな思考パターン(才能)によって生まれてくるかを明らかにしている。

点です。よくあるこの手の本とはアプローチが逆なんですね。その上でリーダーとマネージャーが完全に正反対の才能を持つ必要があると結論づけています。

マネージャー:部下一人ひとりの特色を発見し、それを有効に活用すること。
リーダー:普遍的なことを発見して、それを活用する。


リーダーシップは言い換えると、「複雑な世界を明確な洞察に凝縮させる。」ですね。変化の激しい時代では特に、従業員の不確実性に対する不安が生産性をそぐこととなります。組織の課題や目標を明確に提示することで、未知のものに対する恐れをエネルギーに変えることができるという主張です。情熱や才気、弁舌などはリーダーシップに必ずしも必要ではないと筆者は述べています。確かにこれらの才覚は効果的ではあるけど、様々な外的要因で持続性が損なわれやすいものたちですね。ただ明確であることだけが、ぶれないリーダーシップの源泉となると。

私の尊敬する元上司もとにかく自分を信じて疑わない人です。でも自分が直面している課題に対しては非常に冷静に判断を下して、洞察という形で進むべき方向を明確に打ち出してくる。彼の下では迷いから開放されて生産性が高かった自分が思い出されます。以前、セダクティブという言葉をブログに書きましたが、「魅了し、巻き込み、信じぬき、育てる」には上記二つの才能が散りばめられていますね。前者の二つがリーダーシップ、後者の二つがマネージメント。仕事のプロから一歩脱皮するためにはこの辺がキーワードになりそうです。さらに著者はこれらの能力はある部分、才能によって決まると言ってます。ひょえー。笑

○下世話な話
とか書いてたら、Twitterでソフトバンクの孫さんにリーダーでいることに疲れませんか?という質問が。孫さんはリーダーでいることに疲れる人間はリーダーにならなければ良いと答えていらっしゃいました。すごい納得。

最近、TwitterやBlogを中心にいろんな人の発言に耳を傾けていますが、MBAホルダーの持つ意味が誤解されているなと感じることが多々あります。MBAホルダーが濃く凝縮して習得した二年間のコンテンツ自体を武器にしたいという自負は分かるのですが、学習する全てのことはより組織やビジネスにインパクトを与えリーダーシップを発揮するための洞察力を磨くことに繋げることが重要かと思います。だからこそ、僕は自分のビジネスを実践する側のMBAホルダーに憧れます。この本に書いてある格言の一つで面白いものがありました。

自分でできなければ、教師になれ。それもできなければコンサルタントになれ。

ブログ書いてて何ですが、発言よりも行動で示せるMBAホルダーになりたいものです。
[PR]
by mshiba64 | 2010-08-17 00:14

2010/06/25 ヨーロッパ回想録 ヴェローナへ

北イタリアへ訪問したときから、オペラは絶対見ておきたい!と思っていました。ミラノにあるスカラ座も良いのですが、せっかくなら少し遠出して野外オペラでも見よう!ということでヴェローナへ行くことにしました。

ヴェローナは街自体が世界遺産となっていて、街中心にある円形劇場(Arena di Verona)にて7月~9月の期間でオペラが上演されます。またシェイクスピアのロミオとジュリエットの舞台としても知られており、映画や舞台でおなじみのバルコニー(O Romeo, Romeo! って台詞のあれですね。)が観光名所になってます。

午前中にLeccoで車を借りて、お昼をハイウェイのサービスエリアで食べつつVeronaへ。イタリアってサービスエリアにもバールがあって、エスプレッソやらカプチーノが飲めます。。。我々が立ち寄ったサービスエリアはパニーニをその場で焼いてくれてコーヒーと一緒に出してくれました。さすがイタリアだなぁ。コーヒー族の我々には住みやすい国です。

少し早めに着いてしまったので、夜行くレストランをまず下見。庭のあたりをうろちょろしていると、昼休み中のシェフらしき人から「予約ですか?」と声をかけられました。(多分、イタリア語でそう言ってたっぽい。)片言のイタリア語で今日の6時か予約したいと告げると7時半からしか店が開かないとのこと。げっ、オペラ間に合うかびみょー。と思いつつ、諦めきれないので予約することに。

チケットをArenaそばのカウンターでゲットして、街を散策です。Via Mazziniというお洒落どおりをまっすぐ歩いていくとPiazza delle Erbeという広場にでます。広場の中心には露店、周辺にはカフェが軒を並べていて観光客や犬の散歩をしている地元の人で賑わっています。

奥さんが事前に調べていたCaffe Filippiniのテラスに座りカフェ・シェケラートを注文しました。イタリアって冷たいコーヒーを飲む文化がないのか、アイスコーヒーって滅多にありません。その代わりにエスプレッソと砂糖、アマレット、氷をシェーカーでシェイクしたものをシャンパングラスで飲みます。ここのカフェ・シェケラートが最高にうまい!多分、コーヒー豆が違うんだろうなぁ。この日はうだる暑さだったのですが、疲れがぱーっと吹き飛ぶ感じ。コーヒー万歳、イタリア万歳。

その後、ジュリエットの家を見て、近くの売店で今日のオペラ(Aida)の台詞本(英語訳)を購入です。結構いい加減な英語が書いてある!!笑)Veronaにはロミオの家もあって今はレストランになっているのですがそこも訪問。Veronaはこじんまりとしてて、とても気持ちの良い街だなぁ。とても気に入りました。

時間になったので、予約していたレストランへ。メートルに1時間ちょっとしか時間ないから、それでお願い!と伝えてメニューからプリモ(一皿目)とセコンディ(二皿目)を注文です。あとでデザートも食べるからねと伝えました。Trattoria San Basilio Alla PergolaというVerona市街からやや東に離れたところにあるレストランなのですが、さとなおさんのブログでは非常に高い評価です。ブログにも書いてあった羊を頼むことに。4種類の塩を自分で選らんで付けて食べるのですが、もう最高。スモークした塩も良いし、レモン塩も良かったなぁ。羊は脂の味が決め手だと思うのですが、とても程よい臭み!あとプリモでオーダーした黒米のアンティチョーク&海老ピラフもうまい!この皿が今回のベスト3に入りました。メートルも慌しい我々にとても丁寧かつ気さくに対応してくれました。この店は良いですよぉ。また来ます!

開演10分前の9時前後にArenaに到着して席につきました。我々の前の席が日本人の方で声をかけたところ、イギリスの大学でファッションの勉強をしているとのこと。今はバックパッカー的にイタリアをぶらぶらしているようです。妹さんはNYでプロのジャズピアニストをやっているとか。ひとたび日本を出るといろんな面白い日本人の方に出会うものです。(日本にいると忙しいせいか、世間が異様に狭いけど。。。)我々が買ってきた英語の翻訳本を彼女に説明したりして、皆でオペラを楽しみました。

さてエジプト王国を舞台とするAidaですが、まずセットがすごい!野外劇場ならではの大掛かりなセットが夕日が沈み夜が更けるにしたがって幻想的な色を帯びていきます。暑かった気温も下がり、涼しげな風が吹くなかオペラが進行していきます。いやー、すごい贅沢。個人的にはラダメス役のテノールが最高。オデコから音波が出てるのが分かるんじゃないかってくらいの響きでこちらに歌声が届いてくる。野外だとソプラノはちょっと響きの面で辛いかな。。。オーケストラもレベルが違うなぁ、素晴らしい響き。

オペラが終演すると時間はもう午前1時を回っていました。。。北イタリアは日が長いので仕方ないんですけどね。。渋滞するVeronaを抜けてLeccoへ。アパートに着いたときは4時近くになってました。お疲れ、俺。でも最高に楽しい日帰りヴェローナになりました。
b0178194_20522666.jpg
犬もまいる猛暑のPiazza delle Erbe
b0178194_2052132.jpg
今見ても涎がでるカフェ・シェケラート
b0178194_2052283.jpg
4種の塩。
b0178194_20515246.jpg
羊!さとなおさんのお奨めレストランはハズレがない。
b0178194_20514033.jpg
日暮れ前のオペラセットが・・・
b0178194_20513238.jpg
夜は幻想的に!
b0178194_20505132.jpg
正装でオペラを楽しんだ人々で賑わう円形劇場の外。
皆、これから酒飲んで楽しむんだろーなー。。。笑

[PR]
by mshiba64 | 2010-07-31 20:55

2010/07/29 自信が確信に変わる人達

こんばんは。

ヨーロッパから帰り、ながーい事その後遺症(要は旅行ボケ。笑)で死人のようでしたが、いろんな作用が働き頭がまたカタカタ動きたいと言い出してるようです。

さて、最近読んだブログや記事から。

1.松坂、パワーピッチャーへ
今シーズン開幕時は、こりゃーやべーなと思わせた松坂ですが、一皮剥けた投球を見せたりしてます。最近気になって毎試合中継を見てるんですが、明らかに日本にいるときとは違うピッチャーに進化しつつあるなぁと。野茂やイチローが日本にいたときに既に築いていたアイデンティティでMLBに衝撃を与えたのに対して、松坂がさらに進化している姿を見るのは結構ゾクゾクしますね。

今日のブログタイトルは彼の昔の発言ですが、今はMLBでの手探りが自信になり、確信へのステップを踏んでいる段階でしょうか?怪我が多いので、そこだけ注意して成功して欲しいなぁと思う今日この頃です。


2.セダクティブというキーワード
先のフランス・イタリア旅行でもそのグルメ日誌を大変参考にさせてもらったさとなおさんのブログ。国際女性ビジネス会議に出席されて、このセダクティブという言葉でパネルディスカッションをされたということですが、僕の目に引っ掛かったのが「ハブパーソン」というキーワード。

以前のブログにも書いた(多分)のですが、私はMBAエッセイの短期ゴールについて会社の人と人を繋いでビジネスを展開するHubパーソンになりたいと書きました。で、そうなるためにはMBAでマネージメントの一部始終をちゃんと体系化して知っておきたいという論旨ですね。(今思うと浅い。)

でもさとなおさんのブログを読んで、当時の舌足らずな自分でも感覚的に肌で感じていた問題意識がセダクティブであることに気づきました。「仕事のプロから一歩脱皮する」=「魅了し、巻き込み、信じぬき、育てる」という気づきです。

うちの会社でも最近の若者は元気ないとかいう議論が非常にカジュアルに経営会議で行われたりするらしいですが、ある方が「そりゃー、俺達が面白いと思って仕事してねーから仕方ねーよな」とおっしゃったという話を覚えています。セダクティブであるということは、どっかのパワフル女性経済評論家が若手企業家の育成はこうだ!と理論武装するよりもよっぽど効果的であるよなと確信した次第です。ひろゆき氏も似たようなこと対談で言ってましたしね。


「血が通った問題定義ができる人間でいたいね。」と思う今日この頃です。
[PR]
by mshiba64 | 2010-07-30 16:34

2010/07/24 いろいろ初体験な日

こんにちは。

このブログにTwitter表示機能つけたので、Twitterをまた始めてたりします。ブログだとどうしても整理して書く必要があるのですが、Twitterだと楽チン♪

今日はなんだか初体験が盛りだくさんの一日でございました。

1.アメリカにはないと思っていたパティスリー
奥さんの知人から紹介してもらったピッツバーグのパティスリーへ行きました。ここは料理学校が本職であり、ケーキの販売は毎週土曜日しかやっていません。しかも開店とともに長蛇の列。。。が、持ち帰って食べたケーキはどれも劇ウマ!特にアップルタルトは温めて食べると最高です。その他、ミルフィーユやフルーツタルトなどのカスタードものもかなりレベル高し。。。アメリカ(NY除く)にはないと思っていたパティスリーを車で5分圏内に見つけたのは大発見でした。

このお店はこの秋にイタリアへのグルメツアーを計画しているとのこと。こういう人達と行くツアーはすごそうだ。
b0178194_3491567.jpg
店内。右端の冷蔵庫の中にもカスタード&生クリーム系のケーキが。。。
b0178194_350138.jpg
5つ購入!
b0178194_3501727.jpg
カスタードのフルーツタルト。。。うまかった。
b0178194_3503028.jpg
No.1人気のAppleタルト。バニラと一緒に食べると最高!

2.Mytouch phoneをCraigslistで購入
アメリカで初めて個人売買を経験しました!Craigslistで買ったのは中古のmytouch phone! 外見は少し傷入ってますが、SIM unlockedなので受け取ったその場でActivateしてさくさく動作開始しました。

売主は女性向けの古着ショップの定員さんです。彼女のいるショップまで直接Mytouchを受け取りに行きました。彼女は以前、CMUのHeinzのキャリアセンターで働いていたらしい。一緒に行った奥様はショップにて古着を物色したりなんかして。笑

Mytouchはキーパッドがないので、どうかなーと思いましたが慣れてしまえば画面タッチキーも結構スムーズに使えます。キーパッドがない分軽いのは良いですね!TwidroidをインストールしてTwitterをベッドに寝転びながらやったりするのもなかなか良いです。ますますiPadが欲しくなりますね。笑

b0178194_3565488.jpg
MytouchでTwitterな状態。
もっと広い画面(Xperia)欲しぃ。


3.日本人新入生と初飲み会!
日本人新入生の方が勢ぞろいしたので、飲み会に顔を出しました。今年は合計5名(おそらく)です~。遅れていくと皆さん既にBeerでできあがっていて楽しそう!初回にも関わらずかなり和気藹々と、皆のキャラをぶつけ合ってました。笑)これはかなり期待できそうです。一年生の授業にもぐりこんでみようと今から考えています。
[PR]
by mshiba64 | 2010-07-26 03:58

2010/07/23 Androidマーケ探索&Twitter挿入!

こんばんは。

実はヨーロッパから帰ってくる際に、私のAndroidスマートフォンG1が壊れました。これを機にXperiaにしようかと思いましたが、まだまだ高いですねぇ。お金に余裕ができたら購入してみようと思います。取り急ぎCraigslist(アメリカで一般的に使われている個人売買サイト)で見つけたMytouch 3Gを100ドルで購入することになりそうです。(現在はジャイアン理論に基づき、奥さんのG1を拝借しています。。。)

さて最近はAndroidマーケットも随分充実してきて、いろいろと面白いアプリが増えてきているようです。中でもお奨めがインターネットラジオのチューナーソフトです。人気の局を表示したり、音楽のジャンル別に局が整理されていたりでなかなか使いやすい。

あとはTepperで皆が一般的に使っているファイル共有ソフトDropBoxのAndroid版が出てたのでインストール。パソコン上のPDFファイルとかを落としておけば、いつでもスマートフォンでPDFが見れたりします。CMUのようにネットワークが充実しているところにいれば、いちいちUSBでパソコンとスマートフォンを接続する必要もないですね。

さらにさらに遅ればせながら、スマートフォンでもRSSリーダを導入しました。これから新入生の方々が続々ブログを立ち上げると思うので、これから充実していきそうです。

b0178194_9153567.jpg
RSSリーダ。はっ、河童のMBA徒然はまだ続く。。。笑
b0178194_9154999.jpg
インターネットラジオチューナー。
Smooth Jazzを深夜かけつつ勉強している1ヵ月後の自分が想像できる。。。


あとこのブログですがTwitter履歴を表示できる機能が追加されたようです。さっそくメニューに追加しました。今後はそちらもたまに覗いて見てください。私はあんましTwitterはやらないんですけどね。旅行行ったりとか授業を受けてる時とか、たまに実況中継してみようと思っています。
[PR]
by mshiba64 | 2010-07-24 14:35

2010/07/14 O君(Tepper2012)が来たよ

こんばんは。

ヨーロッパ旅行を終えて早くも1週間が経とうとしています。ピッツバーグ空港にて入国審査を終えて、あー帰ってきたと思いきや、その後もう一度Security Checkを受ける必要があり、空港に2時間弱足止めをくらいました。。。これが「世界が羨む(?)アメリカ」の現実です。

本日、私のアパートメントにTepper 2012の新入生となるO君がいらっしゃいました。車もないということでお迎えに行き、預けた荷物を待ちつつ話をしていましたが一向に荷物が来ない。どうやら荷物をロストしたとのこと。とりあえず次の便に載せてアパートへ直接届けてもらうこととして空港を出ました。

その後、一通りアパート周辺の有名スーパー(紀ノ国屋的Whole Foods、日本食の東京商店、自然派食品のTrader Joe's)を紹介しアパートへ。夕食をうちで一緒に食べることとしましたが、O君は夕方にケーブルテレビ&ネット(Comcast)が接続に来るということで一旦別れました。で、結局Comcastは来なかったそうです。。。ロストした荷物も深夜1時半に届くし(O君は携帯を持ってないので我々が連絡係だった。汗)、早速「世界が羨むアメリカ」の洗礼を彼も受けています。

さてO君と夕食を食べつつ結構長々と彼のキャリアやMBAで目指すものなどを聞いたりしていましたが、新入生らしくとても生き生きとしていて久々に刺激を受けました!技術のグローバル化を知らない日本企業に今と違うアプローチ、具体的には日本で成熟させてガラパゴス化するのではなく、イノベーションやマーケティングをアメリカで起こすアプローチを何か実現できないかと燃えています!私も以前のブログで書いていますが、日本のガラパゴスがグローバルに復権する日は来るのか?と考えるとワクワクしますね。

彼は転職も何度かされているのですが、彼が最初に入った会社の同期が実は私の元部下(彼女は私の会社に転職してきた。)であることが判明したりして、世間は狭いなーと。Tepperにも新しい血(知)が入り、いよいよ新年度が始まるのだなーと気持ちを新たにした夜でした。
[PR]
by mshiba64 | 2010-07-16 11:11

2010/07/09 言葉の壁

おはようございます。

なんだか、ヨーロッパ回想録と現在のブログが混ざって混乱状態です。でもヨーロッパ旅行は忘れられない思い出が多いので、通常のブログと並行して備忘録的に書き続けようと思っています。義理の母上のことを「お母様」と書いたら、ブログを見たお父様からお母様に「お母様って誰や?」と突っ込みが入ったそうです。笑)

さて、本日気になった記事。イギリスの高級紙であるテレグラフ紙の記事にてフィリップトルシエ元日本代表監督が次期オーストラリア監督就任に対してアピールをしたというもの。Yahoo! JapanではiSMという会社のスポーツニュース配信サービスからの情報が掲載されていますが、そこにはトルシエが「話を聞いてもいい」と言ったとあります。

なんとなく気になったので、原文サイトを見てみると以下のようにあります。
I don't know what kind of coach they are looking for, but I am still open if they want to discuss it with me
「オーストラリアの協会がどんな人を探しているか分からないけど、もし私と議論を欲しているならいつでも話を聞きますよ!」くらいの感じだと思います。でもどこにも「話を聞いてもいい」なんてない・・・。

あくまでもオファーを受ける側なので、受身の姿勢を表現しているのをこの訳にしちゃうとなぁと思います。そう考えると、以前日本監督をやっていたときもトルシエさんは言葉の壁に悩まされたんだろうということは容易に想像できますね。。。

以前もブログに書きましたが、英語は「契約の文化」イギリス・アメリカの言葉です。日本語に訳す際にその部分を気をつけないと、「高飛車な上から目線」にしか聞こえなくなります。このYahoo記事に対する日本人読者のコメントを見てもいかに日本が「和の文化」であるかが分かってとても面白くもあります。

そういえばちょっと話は違うかもしれませんが、クルーズ中に英語を話していて「お母様」に「英語話しているときのほうが生き生きしてるわ。」と言われました。そーなんですよねー、英語ってYes/Noはっきりしてるし、自分の言いたいことを主張しないとコミュニケーションできないですし。英語を学習する際に意外とこの文化の壁でぶつかる人が多い気がします。一般的に文法が英語に近いため有利とされる中国人の留学友達もアメリカ人の前では同じ壁にぶつかってるようだし。。。

ちなみにYahooの記事はこちら
[PR]
by mshiba64 | 2010-07-09 22:30

2010/06/09 ネット難民脱出

こんにちは。

ここ2週間ほどのブログをまとめてアップしたいと思っているのですが、なかなか作業が進みません。それというのも現在滞在しているLeccoで一ヶ月を過ごすにあたり、生活のセットアップをいろいろやっていたためです。借りたアパートは非常に心地よいものなのですが、やはり自分達にとって欠かせないものがいくつか足らなかったりするんですよね。

その一つがインターネット。特に家にいる際に、奥様も私も同時にネットを使える環境を整える必要がありました。最初は契約したネット接続を交代で使えばよいかなーと考えていたのですが、自分達が思っている以上に日本やアメリカでのネット環境の便の良さに慣れてしまっていて、同時に使えないと旅の予定を立てたりするのも一苦労です。

ということで、Leccoの街にある家電品屋(Mediaworldというお店)に行って必要な機材を購入です。ごく簡単に言うと、私のPCから接続して使用しているイタリアTIM社の3Gインターネット接続を奥様のPCでも使用できるように、「私のPCと奥様PCを接続し、かつ私のPCを介して奥様PCからインターネットに接続する。」ようにしました。

最初は一番手っ取り早く、有線で直接接続しようと思っていましたが、ショップで見ているうちにやっぱ無線LANだなということになり、ルータを購入です。。。(1ヶ月しか使わないのに。。。)でも値段はたったの39ユーロ。ほんと便利な世の中になりました。

接続設定は意外に骨が折れました。私のPCは大学推奨のThinkpadなのですが、独自のFirewallソフトがインストールされていてそれのせいで奥様PCからの接続を受け付けなかったりして。でももっとも骨が折れたのが奥様PCが長い間メンテナンスされていないために、ディスクがひどい状態になっていたことです。北イタリアまで来て、昨夜はデフラグとレジストリ掃除、不要なアプリのアンインストールとかをやってました。。。笑

ということで、今はさくさく二人でインターネットできるようになりました。Windowsのインターネット接続共有設定ってほんと簡単なんですねー。私のPCは現在DHCPサーバとなっています。Google G1 phoneもWi-fi経由で問題なくメールとか読めるようになっています!これでミラノやヴェネチアの旅行計画もストレスなく進みそうです。
b0178194_5233882.jpg
Italiaで買ったルータはドイツ製。そういうもの??笑
[PR]
by mshiba64 | 2010-06-09 21:05

2010/05/06 1Q84とオーディオブック

こんにちは。

今週末にいよいよヨーロッパに発つことになります。アイスランドの火山噴火による灰の影響が心配ですが、なんとか無事にNiceにたどり着くことを今から祈っています。

さて、MBA一年目を終えていろいろと反省点はあるのですが、やはり一番にあがるのは「英語力」です。いろんな面で力不足を感じるのですが、その一つとして日常会話で自分の言いたいことを伝える能力に欠けていることがあります。やっぱり友達ができたら自分の感情をうまく伝えたいときってありますよね。あとは何気ない言葉の応酬とか。そういうインタラクションもうまくできたらいいのにと思う気持ちが友達が増えるにつれ強くなってます。

ということで、この夏は日常会話にフォーカスした英語の練習をしてみようと思っています。映画やドラマも良いのですが、より手軽に扱える小説のオーディオブックに手を出してみようと思ってます!Amazonで「ノルウェイの森」の英語訳のオーディオブックを買いました。オーディオブックを聞きつつ、日本語の小説をなぞるのは結構面白いです。使えそうな表現があったらピックアップしていこうと思ってます。

ノルウェイの森といえば、奥様が日本で1Q84の3巻を買ってきてくれました。500ページ以上のすごいボリュームですが、ヨーロッパに着く前に読破しておきたいと思っています。(重くてヨーロッパに持って行く気になれない。。。笑)

早速、ピックアップした「使えそうな」表現の一部
1.考えただけで身の毛がよだつな。
Just thinking about it makes my flesh creep.

2.どうしてそんなことが起こりうるんだろう?
How could such a thing have happened?

3.もちろん時間さえかければ彼女の顔を思い出すことができる
True, given time enough, I can bring back her face.

4.見当もつかないくらい深いのだ
It was deep beyond measuring.

5.このへんの何処かにあることは確かなんだけれど
The one thing I know for sure is that it's around here somewhere.
[PR]
by mshiba64 | 2010-05-10 00:09

2010/05/05 ABA Appreciation Party

こんにちは。

送迎会やパーティも一段落し、気持ちはヨーロッパ旅行と夏の活動にシフトしつつあります。奥様が日本から買ってきてくれた村上春樹の1Q84の第3巻もあります!村上春樹の小説は英語に翻訳されていて朗読本もあるので、英語で聞きつつ日本語の本を読むというトリッキーなことをやってます。かなり英語の勉強になります。「ノルウェイの森」を英語で聞くのは新鮮ですよ!

さて、5/5子供の日はAsian Business Associationのパーティでした。私は幹事側ということでお酒の調達係です。大学主催のパーティは免税となるのですが、大学側が不正利用を気にしてドキュメントを発行するのを渋ります。そのため正式ドキュメントなしで酒屋に交渉するわけですが、これが骨が折れる。仕方ないので、ビールだけは引き受けてくれるところを見つけて、その他の酒は税金を払いました。まあ10ドルくらいの税金なので私の身銭で賄いました!

今回のパーティはピッツ中心地から20分ほど北に行ったリゾートマンション的アパートのコミュニティスペースで行われました。タイ人二年生のOh君がここに住んでいて、ABAのために場所を提供してくれました。感謝!Oh君のアパートの部屋も見せてもらいましたが、安くて広くて綺麗!場所の便さえ考えなければ、かなり魅力的です。でも奥さんいると車が二台必要だ。。。

パーティは6時開始のため、5時45分にお酒を持ち込んで会場へ。しかーし、誰もいない。笑)結局その他飲み物や食べ物が来たのが6時半過ぎ。氷が足らないので近くのガソリンスタンドの売店へ調達しに行き、ビールは準備OK!Coronaや夏限定Samuel Adamsが飛ぶように無くなっていく~。

おみくじ入りのクッキー(Fortune Cookie)を詰めた箱をバットで叩いたり、ビールを入れたカップにピンポンボールを放り投げて飲みあうBeer Pongをやったり楽しかったですねぇ。二年生は残り少ない時間を共有しているという雰囲気で写真取りまくってました。一年生も早々に里帰りしたり、インターン先に出かけたりしちゃうので、このパーティで一旦お別れです。

片付けなどに終われ、パーティ会場を出たのが午前2時半。お疲れ、俺。笑)でも主催側になると皆名前を覚えてくれるし、やっただけのことはあります。場所を提供してくれたOh君は我々Tepper2011にはいないタイ人の留学生です。ThaiのMichelinで働いていたそうです。ピッツにあるタイフードのおいしいところを今度聞いてみよう!

b0178194_118376.jpg
メキシコビールはラベルがかわいい。
b0178194_1182110.jpg
水タバコ(Hookah)を準備する同級生(左からJeff, Jeff's wife, Mickey, Sylvia, Chao
b0178194_1183696.jpg
決定的瞬間!Fortune Cookieが落ちる瞬間です。
b0178194_1185330.jpg
皆で写真。一番左が今回場所を提供してくれたOh君。Thanks!
[PR]
by mshiba64 | 2010-05-09 01:19