2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サマースクール(Wharton Pre-MBA)出願奔走

ブログの写真を切り替えてみました。Carnegie Mellon大学の航空写真です。

Tepper合格に喜ぶのも束の間、サマースクール出願のためここ数日は奔走していました。TepperのあるCMUにはEnglishプログラムがあり、まずはそこにコンタクトを取りました。が、既に空きがなくwait-listには入れてあげるがビザの都合があるから厳しいかもねという超ゼロ回答。笑

出願期限も過ぎているし、仕方ないんですが。。。Tepperのadmissionに調整をお願いしましたが、あっさり「他の大学を検討して下さい。」との事。ここまで合格通知を引き延ばしておいてそりゃねーぜ。笑

ということで、当初から検討していたフィラデルフィアのペンシルベニア大学のPre-MBAプログラム(SIIBS)に本日出願書類一式を申し込みました。こちらも出願期限を超えていますが、受け付けてくれるとのこと。ビザ申請にもなんとか間に合いそうなのでひとまず安心です。。。
http://www.sas.upenn.edu/elp/

SIIBSはペンシルベニア大学にあるということでWhartonのMBA生が大半を占めるようです。他MBAプログラムの学生と交流する機会が増えて、今から楽しみですね~。しつこいですが、「個人の年、出会いの年」が今年のスローガンですから!
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-28 02:34 | サマースクール

Tepper合格!

現在、渡米前の最後の帰省で長崎にいます。バタバタしていてブログを更新できていませんでしたが、タイトルの通りTepperの合格通知をいただきました!

TepperはCarnegie Mellon UniversityにあるBusiness Schoolです。その軍隊的に厳しく、かつCMUというComputer Scienceに強い環境独特のカリキュラムは非常に個性的で、私は出願準備当初からこのMBAプログラムを第一志望としていました。

紆余曲折あった私のMBA出願活動も土壇場の合格通知にて帳尻が合い、無事目標を達成することができたようです。今後は6月末の渡米に向けて留学準備を加速していく必要がありそうです。(ビザがやばい。。。)

BabsonおよびUSCは大変申し訳ないのですがdeclineする予定です。Anderson(UCLA)は・・・、トップスクールなので個人的に最後まで見届けてみたいです。(多分、インタビューの招待すら来ないであっさり終わってしまいそうですが・・・)
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-24 02:29

Passion inside giblets

電子辞書で調べた単語ですが、gibletsとはいわゆるホルモンの事です。

先週末に二子玉川にある「蔵月」というホルモンのお店に飲みに行きました。メンバーは以前ブログで紹介したA君(来年MBA出願)と会社同期のK君、奥さんと奥さんのビジネスパートナーのMさんです。(K君は今年、私と同じタイミングで社費留学します。コロンビアのLLMに合格していますが、ハーバードのwait-list待ちをしているそうです。)

私がこのホルモン屋を知ったのは、Babson大学卒の会社の先輩Yさんと合格祝い的に飲んだ時でした。このお店の経営者のLさんがその飲み会に参加されたのです。どうやらLさんはBabsonのinterviewのために現地ビジットした際にたまたま飛行機でYさんと出会い、それからの付き合いのようです。

蔵月のホルモンはとにかく新鮮で美味しい!(レバテキお奨め。)でも僕が超個人的にこのお店を気にいっているのは、やはりLさんのpassionがお店のスタッフや味とか全てに反映されててすごいうらやましいからなんですよねぇ。お店のホームページにもありますが、肉に関してかなりの研究を経ての開店だったようですし、開店にこじつけるまでには衝撃的な出会いもあったようです。そんな苦労がいかにもWho I amなStoryでMBAのエッセイに書けそうです。笑

僕は生まれ変わったら料理人になって自分のお店を持ちたいと常々思ってます。お店でホルモンを食べながら、「いいよなぁ」って言ってたらK君に「じゃあやればいいじゃん。」ととても軽はずみなアドバイスを頂きました。さすがです、K君。笑

Passionが伝播して夢がまた一つ増えたような良い気分で飲めた週末でした。
蔵月のホームページは以下です。
http://www.passion-inside.com
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-20 23:43 | 友達

Listeningに苦労したTOEFL

私の留学準備で苦労した点をこのブログに少しずつ整理しておこうと思っていますが、その第一弾がTOEFLです。私はなんといってもこの勉強に苦労しました。。。(というか、未消化のまま終わった感があります。)
私のTOEFLの最高点数はずばり98点です!(恥ずかしながらTOPのMBA校出願に必要と言われる105点を突破することができませんでした。。。)

以下が私のTOEFLの受験歴です。
(今見ると、回数だけは無駄にこなしてますね。)
----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----
①2008/05/31 79(R:28 L:20 S:13 W:18)
②2008/06/22 87(R:27 L:23 S:17 W:20)
 ⇒恐らくこの辺が当初の本来の実力。+18点が目標となる。

③2008/07/12 84(R:26 L:20 S:17 W:21)
④2008/09/21 92(R:27 L:26 S:17 W:22)
 ⇒Listeningが飛躍的に伸びて喜ぶ。
  (が、この後他の留学準備と並行することになり苦しむことに。)

⑤2008/10/26 83(R:27 L:19 S:15 W:22)
 ⇒motivation最悪の時期。
  会社でもイマイチな事があり留学勉強にも影響が・・・

⑥2008/11/09 91(R:25 L:26 S:18 W:22)
⑦2008/11/28 94(R:28 L:25 S:17 W:24)
⑧2008/12/07 93(R:29 L:20 S:20 W:24)
⑨2008/12/21 96(R:27 L:27 S:20 W:22)
⇒エッセイ作成とGMATを並行していたため、死にそうになる。
 TOEFLはまとまった勉強が出来ていないが、後述のCNN Student Newsを
 毎日Listeningすることによって、Listeningが安定してきた。

⑩2009/01/10 98(R:27 L:28 S:19 W:24)
⇒実家の都合で帰省したり、2nd Roundの出願の最終チェックしたりで
 TOEFLどころではない状況に。
 が、義理の両親の好意により、岡山で2日ほど集中的に対策実施。
 そのおかげか奇跡的にListening最高点数をGET。

⑪2009/01/24 94(R:29 L:22 S:19 W:24)
⑫2009/02/22 96(R:28 L:25 S:18 W:25)
⑬2009/03/22 94(R:28 L:23 S:19 W:24)
⇒出願後のUPDATEに向けて惰性で受けるが、それで点数が伸びるほど甘くなく。。。笑
----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----

上記の通り、私のTOEFL受験経験でアドバイスできることは失敗談となるわけですが、もう一度チャンスがあるとすれば以下の対策をすると思います。
①Listeningを重点する。
 私はReadingの点数が最初から高かったので、毎日まとまったListeningを
 実施してその中でVocabularyを増やす必要があったと思っています。
 私の場合はCNN Student Newsを毎日聞くようになってから伸びました。
 (このニュースはPod Castに対応していてTranscriptもWebにUPされており
 ボリューム感的にもTOEFLに有効です。)
 WritingもSpeakingも、Listeningが組み合わさった問題となっているので
 W/Sの点数対策をするためにも安定したListening力が最重要だと思います。

②GMAT/エッセイと並行しないよう早めに終わらせる
 私は11月以降はGMATとエッセイしかやってませんでした。
 「論理的思考を伴う」これらのタスクと「英語のフィジカルな能力を求める」
 TOEFLとの同時並行の勉強はまずできません。
 2nd Round出願の方は、10月までにTOEFLを終わらせるべきです。

③勉強しただけ伸びる
 TOEFLはエッセイやGMATと違って、勉強した量に比例して点数が伸びます。
 (題材や難易度が英語のフィジカル能力なので、筋トレに似ています。)
 なので、まじめにやれば筋肉も増えますが、逆に言うとさぼると確実に筋力が
 落ちますし、当然、突然筋肉マンにはなることもありません。

TOEFLは良くできたテストです。留学に向けて私ももう一度受けてもよいかなと思っているくらいですが、コンピュータの前に座って受けるあの独特の雰囲気は、今でも夢に出てくるくらいの恐怖です。笑
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-17 11:00 | 出願対策

同期のA君と会う

5/2(土)に会社同期のA君と会いました。

現在、A君は私の会社を辞めて、別の会社(マーケティング系コンサル会社)に勤めています。2010年度のMBA留学を考えているらしく、MBA留学出願活動のノウハウを私に聞きたいとのこと。

A君は昔と変わらずとても明朗でしっかりした雰囲気でした。私と同じで今後のキャリアを広げるためにMBAを取ることを決意したと言っていました。さすがに今の時期なので明確なゴールなどはないようでしたが、会社を休職して私費で行くだけあって既にいくつかのMBA Programの調査を始めているようでした。(昨年の今頃の私とは雲泥の差・・・。笑)

彼には出願スケジュールの話に始まり、TOEFL・GMAT・Application関連のコツを伝授しました。時間が出来たらこのページでもこの辺のノウハウを書こうと思っていますが、個人的には三者三様でいろいろな戦略があるんじゃないかなぁとA君と話していて思いました。

ひとつ、これから留学を考えている皆さんに言えることがあるとすれば、EssayがStrongであれば日本人でも3rdラウンドで難関と呼ばれる学校からInterviewの招待がくるということです。私は特にTOEFLの出来が良くない(98点)のですが、それでもTepperからInterviewのお声が掛かりました。そういう意味でも早い時期から自分が行きたい大学を見つけて相思相愛になる(大学に関する知識を増やす、Admissionと仲良くなる、早めに現地ビジットするetc)ことは重要なのかなと思います。

A君とは5月中にもう一度会おうと約束して別れました。もう一人、今年留学する同期のK君がいるので彼も交えて留学話に花を咲かせる予定です。こういう再会があるのも留学の恩恵です。今年は「個人の年、出会いの年」にするぞ!
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-06 19:24 | 友達

留学活動の進捗について(2009年5月6日現在)

未だ留学先が決まっていない私ですが、現在のところ以下のような状況です。
(順序はapplicationの出願順)

①Olin Business School(Washington大学)
 1/5(2nd Round)出願。4/7に合格通知
 (未だdeclineの連絡をしていません。)
②Sloan Program(MIT)
 1/13(2nd Round)出願。3/6に不合格通知
③Babson College
 1/15(2nd Round)出願。3/10に合格通知
④Haas School of Business(UC Berkeley)
 1/31(3rd Round)出願。4/28に不合格通知
⑤Marshall(University of South California)
 2/16(3rd Round)出願。4/3にWait List通知
 (要は補欠です。。。)
⑥Tepper(Carnegie Mellon University)
 3/6(3rd Round)出願
 5/4にInterviewを実施して結果待ち。
⑦Anderson(UCLA)
 4/7(3rd Round)出願。Interviewの招待待ち。

・・・今のところ、③のBabson Collegeに向けて、サマースクールや引越しなどの手配を検討しているところです。

半ばBabson決定ですっきりしていたところに、⑥のInterviewの招待が来たのが4/30でした。TepperはCMUにあるということでIT出身のエンジニアが行くには非常に環境の良いMBAコースです。私の会社の先輩もCMUでMBAとコンピュータサイエンスのdual degreeを取って、非常におもしろいキャリアを歩んでいるので私ももし合格をいただけるのなら行ってみたいProgramです。(というか、実は第一志望です。)

Marshallのwait list対策もあるし、いつまで留学準備活動やることになるのでしょうか??笑
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-06 10:33 | 留学準備

MBA留学記ブログ立ち上げました!

MBAブログを本日、立ち上げました!

思えば2007年の夏頃でしたでしょうか。。。それまで約5年ほどがんばってきた仕事が一区切りして、自分の中で次の目標を見据えた際に社費によるMBA留学制度の話が浮かび上がってきました。

当時は開発の部署で突っ走ってきた自分に限界を感じていたころでした。以前、システムコンサルティングの部署に所属していた私は、開発部署の部長・マネージャの便利屋になりがちな起用(部下を育てても育つと別のプロジェクトへ剥がされる、新しいことを考えようとすると火消しプロジェクトに突っ込まれるなど)に疑問を感じ、それならば自分でビジネスを立ち上げる力をつけるしかない!と思ったことがきっかけだった気がします。

2007年12月に社内公募申請、2008年2月に社内推薦決定、2008年4月より留学に向けた勉強開始と進み、その後は怒涛の毎日を過ごしてきましたが、やっと落ち着いてきたのでブログを立ち上げました。未だ、留学先が決まっていない不安定な状況ですが、自分にとってかけがえのない2年間の記録と今後留学を検討される方の参考になればと思っています!
[PR]
by mshiba64 | 2009-05-06 10:02