2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2009/10/28 Asian Week #2(Globalization)

こんにちは。

10/28もAsian Weekのランチセッションに参加しましたが、今回は打って変わってGlobalizationというまじめな内容です。TEPPERの経済学の教授が「21世紀のマーケットは中国とインドが占領するのか?」というお題目でプレゼンしてくれました。

彼の答えはYESでした。今回は時間も短いためか、Per Capita GDPの数値を元に、国民一人当たりのGDPはアメリカや日本に遠く及ばないが、国全体としては中国は2040年にアメリカを抜いて世界一のマーケットに躍り出るという内容でした。そのころには世界3大マーケットが形成され、4位の日本以下はその他のマーケットとして扱われてしまう力関係です。

日本もドイツもその高い品質でマーケットにプレゼンスを発揮し、貿易黒字を伸ばすことでPer Capita GDPを伸ばしてきました。資源を持たない国が全国民にかなり均等に富を配分していることもすごいことだと思います。プレゼン後の質疑応答で中国人学生が「日本やドイツは貿易黒字で伸びてきたが、中国は海外資本による労働市場でしかなく、成長できるとは思わない」と言っていました。私はこれを日本型の成長への憧れと受け取りました。

僕が非常に驚いたのは、教授が明確に今後は未来に向けて中国とインドの学生をたくさんTEPPERに呼ぶべきだと語ったことです。MBAがグローバリズムを推進するものであるのは周知の事実かと思いますが、マーケットの規模に合わせて生徒を配分するのは何か面白くありません。下記のページの方が書かれているように、アナリストに「規模が大事だからこれからはグローバルスタンダードを目指して資本を海外へ注入すればいいじゃん!」と言われている気がしてムッとします。笑
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/zunouhoudan/113zunou/globalization.html
弱肉強食のアメリカ社会が嫌で日本を尊敬するアメリカ人を私は何人か知っています。彼らから見ると我々日本人は大変幸せで豊かに見えるそうです。いまいちピンと来なかった私も、こちらに来て3ヶ月暮らしてそれを感じることができます。我々の問題はそれを感じることができないガラパゴス鎖国状態にあることなんですよねー。

おそらく中国人学生も同じように感じたのではないでしょうか?中国がアメリカ型の資本拡大を目指すのか、はたまた違う形となるのか?私の想像の域を完全に超えています。笑

知恵が足らずうまく整理できないので、Webでいろいろ探っているともっと複雑系なグローバリゼーション(日本が果たす役割は大きい的なものもある)を語る教授もいたりします。グローバリゼーションはMBAの主要科目でもあるので、必修科目が終わったら是非取得してみたい授業だなーと思いました。
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-30 02:54

2009/10/27 Asian Week #1(名刺交換)

こんばんは。

今週はTEPPERの一クラブであるABA(Asian Business Association)がAsian Weekと称して、様々な催しをTEPPERの学生に提供することになっています。本日のテーマはアジア各国の文化についてのプレゼンテーションです。

日本人学生は主に日本のビジネスマナーについてプレゼンをやりましたが、私は日本流の名刺交換について、急遽二年生のHさんとデモンストレーションすることとなりました。これが私の記念すべき初のクラブ活動でのプレゼンテーションです!

プレゼンはランチの時間の50分で実施され、韓国→日本→中国&台湾の順番でした。結構、非アジア人来てる~。やはり皆、提供されるアジアンランチ(今回は中華)に惹かれての参戦か?!TEPPERでは他にもいろんな催しがランチ時間に開催されますが、ほとんどがサンドイッチを提供するんですよねー。さすがに飽きます。。

今回は我々が実際にデモする前に、有志の二人の非アジア人に名刺交換をやってもらいました。うーん、おもしろすぎ。いきなり握手をして片手で名刺を渡し、適当にポケットに名刺を入れるなどしてまた握手をしてお別れの挨拶してました。笑

もちろんお辞儀もなければ、両手で差し出し受け取り名刺を見て、社名と名前を確認するなどという動作は皆無です。一見かなり冗長でReasonableではない動作ですが、これが日本流のRespectの表し方であるということはその後の我々のデモである程度理解してもらえたのではないでしょうか?

プレゼンの最後にちゃっかりJapan Trekを宣伝して、私の初プレゼンは無事終了しました。英語のプレゼンは緊張しますが、今日のような非常にカジュアルな雰囲気でやると楽しいですね。次回はおそらくJapan Trekの説明会になると思います。カジュアルに楽しさをアピールできるプレゼンにしたいなーと今からモチベーションが上がってきました!

ちなみにAsian Weekはまだ続き、この後も面白そうなものに参加する予定なのでまた報告します!
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-28 15:29

2009/10/23 Japan Trek#7(ガラパゴス化)

こんばんは。

最近すこし寒さが和らいでいるので、ゴルフの打ちっぱなしに通ったりしています。こちらではコースに出ても18ホール30ドルくらいで回れてしまうので打ちっぱなしはやや経済的ではありません(100球を10ドル)が、コースに出る合間の練習として利用しています。

さて、今日もJapan Trekのミーティングを実施しました。今日で今まで検討してきたプロジェクト定義などを完了して、協賛をお願いする会社や旅行代理店向けの資料がほぼ完成しました。ぱちぱち!
以前このブログで「日本人の誇り」について書きましたが、今回のJapan Trekのテーマはずばり

日本人の誇りを見つけに行こう!

です。私がこちらに来て痛切に思うことのひとつとして、自分があまりにも日本の良さを理解していないということがあります。またさらに理解してないだけでなくそれをグローバルの物差しの中で、他国と比較したり自慢したりできないことにも気付かされました。MBAではオペレーションやサービスのホスピタリティ(おもてなし)などで日本の事例が出てきますが、改めてその良さに気付いている自分は日本代表とは呼べないなぁと反省したりして(笑)。以前のブログにも書きましたが、東京が五輪誘致に敗北した原因もより本質の根っこの部分を探っていくと同じような問題にぶち当たるのはないでしょうか?

「誇り」に続けて、私はJapan Trekの検討の中で「ガラパゴス化」というキーワードをメインテーマとして提案しました。このキーワードは私の会社が数年前に掲げたフレーズで、技術やサービスなどが日本市場で独自の進化を遂げて世界標準から掛け離れてしまう現象のことです。要因は言葉の壁や文化の壁、国際経験のある人材を使いこなせない日本の労働市場などいろいろあると思います。でも私が一番問題だなーと思うのは、我々自身がそれなりに大きい日本のマーケットの中だけで競争をしているために、ガラパゴス化に危機感を感じることができていないことだと思います。

先日、東京で行われた携帯キャリア幹部によるパネルディスカッションにて、iPhoneやAndroidなど、スマートフォン市場のグローバルプレイヤーとどう戦うかという話題が挙がったそうです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091022/339304/
そこで出た発言で非常に注目すべきものがありました。
「すべてを輸入したソフトウエアで固めると,日本国内のパートナーとのエコシステムが壊れてしまい,日本国内に何も残らなくなってしまう」

エコシステム=ガラパゴスですね。私がMBAを目指すに至った問題意識に「グローバルなマーケットの中で実際にイノベーションが起きている輪に入って貢献することでプレゼンスを発揮できる人材になりたい」というのがあるのですが、それを思い起こしました。ここ数年私が会社で携わっていたプロジェクトはアメリカ西海岸のプロダクトを使ったITアーキテクチャ設計でした。実際にアメリカのエンジニアと膝を突き合わせて話をすることで私が感じたのは、技術やインテグレーション能力に関しては決して彼らに引けを取らないという自信と、我々の持つその能力を日本の特定のマーケットに対してだけではなくもっとグローバルに展開できる仕組み(ビジネスモデル)を作らなければいけないというジレンマでした。

こうしている間にも日本の優秀な技術者達はガラパゴスの中で危機感すら持つ機会も与えられずにいます。この鎖国状態を打ち破るためには何が必要でしょうか??僕はこのJapan Trekを通じてまず誇りを取り戻すことを目標にしようと考えています!
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-24 12:46 | Japan Trek

2009/10/18 Niagara Falls

こんばんは。

Mini-1が終了したということで、短い4日間の休みを利用してナイアガラの滝へ行ってきました。天気は前日までの雨模様と打って変わって快晴となりました!

ピッツバーグからナイアガラへは車で約4時間で行くことができます。今回は皆に評判が良いカナダ側のシェラトンホテルを予約しました。もちろん滝が見える部屋をお願いしました。部屋から見た景色は以下の通りです!
b0178194_7284696.jpg

手前に見えるのがアメリカ滝で、奥がカナダ滝と言うそうです。

ホテルに着いて余力があったので、その日のうちに船ツアー(霧の乙女号ツアー)へ行きました!世界中から来ている観光客と一緒になって、青ビニールのポンチョを着て出発です。途中吹き上げる霧にずぶ濡れになりながら、皆写真を撮りまくっていました。途中ところどころで虹がくっきり現れます。
b0178194_7341884.jpg

ナイアガラのホテル周辺は滝の大自然とは対象的にカジノやゲームセンターなどの遊戯施設だらけで、ミニラスベガスのような風情です。我々はアメリカ来て初のボーリングやりました。こちらのボーリングがバーと一緒になっててお酒飲みながらプレイするんですよねー。

翌日の朝はホテルでゆっくりして、ランチを食べたあと、滝の頂上の公園に散歩に行きました。滝壷へ水が落ちていくのをまじかに見ることができて、大迫力!道すがら以前日本に5年間住んでいらっしゃった老夫婦に日本語で声をかけられてびっくり。戦後まもなくモルモン教布教のため東京に住んでいらっしゃったとのこと。「しっかり勉強してくださいね!」と日本語で励してくださいましたっ。こういう出会いも旅の醍醐味ですねー。
b0178194_7393144.jpg

その他、お土産などが購入できるセレブなNiagara on the lakeや古くからある石造りの建物を改築してできたイタリアンレストランに寄ったりなど充実の休日でした。

今後はどんどん寒くなるので、次は南の方に行く予定です。あ、でもその前にヤンキースが僕を呼んでいるような気が・・・
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-21 07:39

2009/10/16 Mini-1 Final Test終了!

こんばんは。

Mini-1のFinal Test終了しました!思えば疾風のように過ぎ去った7週間でした。何とか無事にこなして明日から4日間の休暇となります。

今日はMini-1終了を祝って、皆でいつもの飲み屋で乾杯してきました。他の同期の日本人学生は疲れ果てたのか、来ていなかったので韓国人学生とChinese Americanの学生と盛り上がってきました。私と同い年の韓国人学生Jaimingはとってもいい奴。Mini-1では完全に別のクラスだったのですが、「お前ちゃんと学校来てたの?」と突っ込んできたので、「お前こそ来てたのかよ?」と言い返してやりました。

それにしてもテスト勉強に集中していたせいか、英語がしゃべれなくなってる。。。いろいろ反省するべき点は整理できてきたので、Mini-2はもう少し積極的に行こうと考えています!(今のところ。笑)

あさってよりナイアガラに行ってきます。今日から行ってる友人によると途中で雪が降っているのを見ることができるとのこと。。本日のピッツバーグも最高気温3℃でした。本格的な冬が近づいてますね。
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-17 13:24

2009/10/12 Mini-1授業が終了しました

こんばんは。

10/12を持ってMini-1の授業が終了しました。計7週間の超短縮スケジュールの中で宿題に追われる日々でしたが、1科目Exemptionしたおかげで比較的余裕のある生活を送れた気がします。(ニューヨークにも一度行きましたしね。)

今週はFinalテストが待っているのでその準備に追われていますが、授業を終えた時点での感想は以下のような感じです。

①やっぱり準備が大事
 我々日本人が、授業の中で出てくる教授の核心を突いた発言や、生徒と教授のインターラクションに追いつくためには、やはり入念な事前準備が欠かせないですね。

 特に概念的なものを扱うManaging Organizationでは語彙が理解できていないとその時点でアウトでした。同僚の日本人学生の人もそこではまって授業に参加できていない状況になることがあったようです。

 Tepperでは、授業期間中は教材の量/質ともに詰め込み状態になるので、これをどうマネージメントして授業に出席するかで学習効果が決まってくると感じました。

②自分の意見を言う
 私は苦手ではないつもりでしたが、やはりアジア人の傾向どおり、自分の意見を明確に述べることに慣れていません。コンセンサスを取るためのコミュニケーションに慣れてしまっていて、意見の相違から多様性を生み出す議論の方法に入り込んでいけません。実際の授業は学生が率直な「意見」を出し合い、教授がそれをファシリテートしつつ核心に迫る手法を取ります。

ネイティブすら授業の流れを損なうような発言をして、教授にあきれられている人もいます。私は3度ほど、授業の最初の段階で手を挙げて発言するのが精一杯でした。

③英会話は引き続き練習する必要あり
 これは私の所感ですが、英会話については授業に出ていても上達しません。引き続き、自宅で15分でよいのでしゃべる練習をして、それを授業や日々のネイティブとの会話に導入していく地道な努力が必要そうです。特に日常会話での会話の切り出し方がなぁ。。気の利いた冗談とか言えるようになりたいっす。

その他、個別の活動に関する反省や今後の野望はいろいろあるのですが、上記は英語コミュニケーションに関わるところですね。自分のやりたいことをやれるように、英語の「基礎体力」を引き続き鍛えなきゃなーと思ったMini-1でした。

皆さんはどう感じていらっしゃるでしょうか?是非、コメントを下さいね!
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-15 07:39

2009/10/10 Pittsburgh紹介#1

こんばんは。

今日は秋晴れでとても気持ちの良い天気でした!ということで、一眼レフを持ってピッツバーグをドライブして写真を撮りました。ブログを書くネタがない日はこれでお茶を濁そうと思っています。

さて、Pittsburgh第一回紹介です。
b0178194_7585644.jpg

上記地図の通り、Pittsburghは3つの川に挟まれた中州のような土地にあり、川を渡るための橋は全部で200以上あります。(Kenmawrは私達の住むアパートの名前です!)南側の橋を渡るとすぐ坂になっており、Mt.Washingtonという山の頂上に車で上ることができます。山の頂上からピッツバーグのDowntownを見下ろした景色がこちら。
b0178194_734752.jpg

Mt.Washingtonは以前は鉄鋼山だったようです。鉄の町の象徴だったんだと思います。現在はこの眺望を楽しむための観光スポットとなっています。何件かレストランがあって夜はディナーを食べながら夜景を楽しむことができます。

次に私の住むアパートがあるShady Sideです。この辺は高級住宅地が立ち並んでおり、ピッツバーグの中で最も落ち着いた雰囲気の街です。アメリカの紀ノ国屋「Whole foods Market」や日本食料品店「東京商店」もこの地区にあります。Shady Sideの中心地の写真がこちら。
b0178194_7404717.jpg

我々は日本にいる時にアパートを契約しましたが、理由は良さそうなスーパーマーケットが近かったからです。。。住んでみてもここが最も我々に合った場所だと思っています!

さて、Shady Sideには例のG20でのオバマさんのコメントにあったパメラ食堂(鳩山さんがパンケーキを食べたところ)があります。本日のお昼に食べに行ってきましたが、ここはいつも込んでいて30分待ちは覚悟しなければいけません。
b0178194_7521198.jpg

b0178194_7531664.jpg

一つ目の写真がパンケーキです。クレープみたいな薄さですが、中にイチゴとホイップクリームが入っていて無茶うまい!甘さに飽きたときは二つ目の写真のハッシュビーフ&ポテトで口直しをします!

お店の写真がこちら。お昼時はこの前に10人くらいの席待ち客がたむろします。
b0178194_7565748.jpg

次回はCMUを紹介したいと思います。比較的小規模なキャンパスですが、先日Gatesセンターがオープンし、さらにコンピュータサイエンスな雰囲気が増しています。
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-12 07:44

2009/10/09 Japan Trek #5(日本食)

おはようございます!

TepperのMini-1授業も残すところ来週月曜のみとなり、皆Final Examや最終レポートに向けて忙しい日々を送っています。僕はもっとも好きなManaging Organizationの復習をしようとしていますが、ドキュメントのボリュームにやられそうになってます。。。

さて、昨日Japan Trekの第5回ミーティングを開催しました。事前に学生に行ったSurveyによると皆、相当日本食に興味があるとのこと。皆、食いしん坊なのねー。(笑)学生の中には「鉄人の店に行きたい」という意見もありました。ミシュランでの高い評価が示す通り、日本の食文化はすでにグローバルに認知されているということかもしれません。

それなら全部食ってもらいましょうということで、皆でブレストした結果がこちら。

b0178194_22555439.jpg


日本の食文化って多様なんですよねー。アメリカではこうは行きません。
洋食⇒子供⇒お子様ランチ⇒百貨店⇒銀座⇒キャバクラ⇒同伴⇒寿司
日本のお父さんを泣かせるブレストです!笑
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-10 23:01 | Japan Trek

2009/10/04 グローバル化という鏡(五輪落選)

こんばんは。

東京が2016年五輪誘致活動にて落選しました。アメリカではシカゴが第一落選したことが大々的に報じられています。

南米初の五輪誘致というお題目の中でリオデジャネイロが当選したのは当然の結果とも言えます。それに対して2008年に北京オリンピックが開催されるにも関わらず、同じ極東アジアとして名乗りを上げた東京には国民の中にすら「何故?」という疑問符があったことは明らかだと思います。

本日Yahooのニュースに出ていましたが、日本は主要33カ国中、自国への誇りが最下位であることが調査で分かったそうです。しかも32位の南アフリカにも10%近い差を付けられています。僕にはこの結果と、東京五輪誘致時に国民へのマーケティングが浸透しなかったことに少なからず関係があると思えてなりません。

現在、Tepper日本人学生にてJapanTrekを計画していますが、その活動の中で私が痛切に感じるのは自分が日本の事を良く知らないという事実です。それを感じた僕はTrekミーティングにて、メンバーに「我々の求めているものは何か?本質的なスローガンは何か?」を改めて聞いてみました。出た答えは3つ。

・国際交流に貢献する経験の第一歩
・日本のプレゼンス向上への寄与
・日本の良さ/悪さを我々が再認識する

今、見返してみてなるほどなーと思います。
このスローガンってそのまま五輪誘致に使えますよね。笑

問題の本質は、これらのスローガンを実行するためにどうしてもグローバル化という視点で日本を見つめなおす必要があるということです。成熟した日本では、以前の東京オリンピックとは違い、世界のリーダとしてオリンピックをホストする責任があるはずです。自国に誇りをもてない国民にその資格はまだありません。

「誇り」という言葉で以下のサイトを見ています。さすがHBS。僕もさすがTepperと言われてみたいものですね。僕ができなくても5年後に、いや10年後でも。。。その気持ちを次の東京五輪誘致に伝播させていきたいものです。
http://hbslife.exblog.jp/i5/
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-04 16:13

2009/10/03 Track説明会

忙しいMini-1もいよいよ終盤に差し掛かってきました。

学生の中にはCase Competitionに出場して優勝している人もいたりして、負けられないなーと思っています。Japan Trekもブレストの段階を経ていよいよ実行段階に入ろうとしており、楽しみになってきました。温泉を外人に紹介するのに、火山層と湿気の説明が必要そうです!笑 我々にとっても日本を知る良い機会だなーと感じているところです。

さて、昨日Tepperで実施されるTrackの説明会に参加してきました。Trackとはより特定のエリアに重点を置いたカリキュラムを組むことができる仕組みです。学部をまたがった幾つかの選択科目、および実体験型のCapstone Projectを履修することで今後のキャリアパスに向けた準備をすることができます。

例年、Tepper学生の25%がこのTrackを選択します。75%の学生は通常のGeneral Management(つまりTrackを選択しない)コースに進みます。Trackは以下の7種類となっています。

①Biotechnology
②Entrepreneurship in Organizations
③Financial Engineering
④Global Enterprise Management
⑤Investment Strategy
⑥Management of Innovation and Product Development
⑦Technology Leadership

今回は①②⑥⑦の説明が実施されましたが、説明会が終わった瞬間に⑦を履修することを決意してしまいました。。。実は②や⑥にも興味があったのですが、CMUのComputer Scienceの教授がアテンドする⑦の説明を聞いてしまうとエンジニア魂に火が付いてしまったというのが正直な所です。笑

よくMBAのAdmissionの広告などで、「Get the most of it」という言葉を見ます。私にとってもCMUのitは、やはりComputer Scienceの聖地としてのファシリティやそこに集う学生達だなーと思っています。

このTrackの前提となっている選択科目も以下の通りおもしろそー!
・Managing Software Development
・Information Security and Privacy
・Human-Computer Interaction for Technology Executives
・Mobile and Pervasive Computing Services
・Inventing the Future of Services
早いとこ必須科目ばかりのつまらない生活から脱却してTrackに没頭したいものです。

尚、一緒に説明会に出ていた仲間の中には、自分の今までのキャリアと違うTrackを取りたいが悩んでいるという意見もありました。理由は、今の就職難の中で業種を跨いだキャリアチェンジに迷いを持っているからです。そういう意味で私はとても恵まれた環境にいるなーと思うとともに、彼らの持つそのような悩みも一緒に共有しつつ熱く2年間を乗り越えられたらいいなーと気持ちを新たにした次第です!
[PR]
by mshiba64 | 2009-10-04 13:23