2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009/12/25 アメリカでProductionは死んだのか?

久々にちょっと面白いネタが思いついたのでブログに書きます。

先日、アメリカのニュース専門放送局であるCNBCがCMUにて公開録画を行いました。テーマはRebuilding America。
http://classic.cnbc.com/id/15840232?video=1349240093&play=1

昨今のGMの破綻をきっかけにアメリカでは「いかにして減退したアメリカのManufacturingを復活させるか?」が政府の景気対策などと絡めて議論されています。構造や議論している内容はまったく違いますが、雰囲気としてはバブル崩壊・デフレスパイラルの中で護送船団などについて議論が行われていたころの日本を彷彿させます。公開録画の場所としてCMUが選ばれたのは、ピッツバーグがかつての鉄鋼の町からIT・ヘルスケアの町へと変貌を遂げたことを象徴とするためと思われます。この放送の中でU.S. Secretary of LaborのSolisさんはアメリカの産業構造の変革を論じて、実際に自動車メーカーでリストラに合った人の質問に対応していたりします。

また最近、Tepperの同期のNさんから以下の記事を紹介してもらいました。
http://www.tnr.com/article/economy/wagoner-henderson?page=0,0

この記事の中で記者はアメリカのManufacturingが衰退したことの理由の一つに、MBAを卒業したアッパーマネジメント層があまりにFinanceに偏った経営(例えば4半期報告を良くするためにアセット評価に重点を置いちゃったなど)を続けたことを挙げています。個別のプロセス改善などは数字に見える形で効果が現れるのに時間がかかり、投資対効果を計りにくいので敬遠されてきたということです。

Nさんはこの記事と自分のキャリアを結びつけて、「技術偏重で組織マネージメントを俯瞰する人材を輩出できない」状態と「若いころに現場のProductionを経験せずに数字で経営を語る人材が重用される」状態とのジレンマだと考えたようです。良い線突いてます。笑

私も一応、Productiveな日本企業の一技術者として、簡単には人には伝えられない技術・知識・ノウハウおよびそれらを組み合わせて提供するインテグレーション・コンサルテーション能力を持っていると自負しています。(まあそれしかできないんですけど。)それら知識の切り売りに限界を感じてMBAを目指したという意味では、私は前者の状態に該当すると考えています。でもいざふたを開けてみたら、「MBAは後者の状態に寄与してただけなんだよねー」って開き直られちゃうとがっくりしちゃいます。笑)でもそこはアメリカ、きっと力強く「こういうときこそ日本から来ているProductionに長けた人材に貢献してもらおう!」とかさらに開き直って言い出しちゃうでしょう。笑)No.1ってすごい。No.1じゃなくなったらどうするんだろうってくらいすごいです。笑

Tepperの同期の中には今までの自分のキャリアと関係なく、まずFinanceを就職先として目指す人が少なくありません。理由はサラリーが良いから。上記記事でもFinanceとその他業界のサラリーの違いが悪い影響を与えているとあります。彼らの多くがWhartonやMITなどのFinanceが強いTOP大学にある意味引け目や対抗心を持っていたりしますが、上記の記事でいけばWhartonなどは最初に断罪されるべきMBAプログラムですね。笑)私はサマースクールでWhartonの学生達と共に学びましたが、ある一人の若者が「私は自分に見合う給料がもらえないからXXからXXに転職した」と言っていたのを忘れられません。私には20代の若者が持つ市場価値が理解できませんし、理解したくもありません。

今日のブログはあまり綺麗に結論を出さずに終わっちゃおうと思います。組織・産業・国・教育などの構造や個人個人のキャリアで見方が全然違うと思うからです。CNBCの放送でも立場の違いは埋まらず混迷するアメリカが浮き彫りになっただけという印象を受けました。

皆さんはどんな意見をお持ちですか?是非コメント下さい!
[PR]
by mshiba64 | 2009-12-26 06:38

2009/12/15 Mini-2終了

おはようございます。現在12月23日でラスベガスにいます。。。

12月15日にミクロ経済のテストを終了し、無事Mini-2を終了しました。Mini-2ではMini-1より1科目多い5科目を選択しましたが、その増加分以上に勉強した印象です。特にファイナンスの授業は非常に面白く、途中からは前方の席に座って授業を受けました。前方に座ると不思議と英語のリスニング能力も改善されるんですよねー。

現在1ヶ月弱の冬休みに突入していますが、日本には帰らずアメリカ国内を周る予定です。日本から友達が訪問してくるので、ピッツバーグに戻りつつ以下の3都市に行きます。

・ラスベガス
 グランドキャニオンにも行く予定
・NY
 年末カウントダウンをタイムズスクウェアで経験する予定。
 コロンビア大学に留学中の会社同期との飲み会や、来年のTepperに合格した方のお祝いなども都合が合えば是非やりたいなぁ。
・オーランド(フロリダ)
 意外に寒いらしい。。。避寒のつもりだったのにどうしよう。。。

日本は忘年会やクリスマスで既に年末モードでしょうか?紅白や明石家サンタを見れないので(笑)、こちらはあまり実感がありません。。。
[PR]
by mshiba64 | 2009-12-24 02:33

2009/12/10 PCが壊れた!

おはようございます。

本日は渡米前に使っていたPanaのパソコンから投稿しています。なぜなら勉学用に買ったLenovo T400のHDがクラッシュ寸前だからです。。。現在CHKDSK中ですが、おそらく丸一日以上はかかると思われます。。。

現在、試験期間中なのでとりあえず統計ソフトなどをPanaで動かすようにして、試験を乗り切る予定です。(試験中にパソコンを利用します。)試験が終われば本格的にLenovoの復旧を実施する予定ですが、この際Windows 7に乗り換えですかねー。

Lenovo純正のHDは79ドルくらいで購入できますが、これを気にSSD化して軽量化するという手もありますねー。SSDは値段が200ドルほどかさむので検討中です。キャンパスのPC購買でもっと安く買えないかチェックしに行こうと考えています!

尚、SSDは次世代のEnterprise向けストレージとして注目されています。私も渡米前のプロジェクトで使いたいと思っていましたが、ちょっと次期尚早な感じでした。Googleのように安価なストレージ、サーバをソフトウェアでクラスタ化して仮想ストレージを構成するデザインがCloudとして注目されて久しいですが、大企業向けのストレージは非常に高価な大規模SANが一般的です。SSDは消費電力効率が旧来のディスクドライブよりも飛躍的に向上するので、グリーンITにも寄与すると言われていますね。

ここ半年は英語とMBAの基礎(メインは統計、ファイナンス、会計かな?)に追われる毎日ですが、来期からはオペレーションの授業も始まり、徐々に自分の色を出していこうと考えています。ITに関してもTechnology Trackの担当教授(Computer Science)を通じて学内ネットワークの幅を広げていきたいですね。

それにしても、早く試験終わらないかなぁー。笑
現実逃避ばっかりしています。。。
[PR]
by mshiba64 | 2009-12-12 02:07

2009/12/01 Wake Forest Case Competition Vol1

こんにちは。

決して書くことがないわけではないのですが、ブログが休みがちでした!Mini-2の授業も終盤に差し掛かってきていますが、大分非アジアの友達も増えてきた感じです。

さて、今日は私が初めて体験したCase Competitionについてです。

皆さんCaseってご存知ですか?いわゆるTeaching MethodのひとつでWikipediaでは以下のように定義されています。
The case method is a teaching approach that consists in presenting the students with a case, putting them in the role of a decision maker facing a problem.

まさにこの定義どおりで、MBAの授業の中でもより授業内容の理解度を深めるために教授が特定の企業に関するCaseを持ち込み、生徒に議論をさせたりします。授業で習った理論をうまく活用できるかを判断されるのはもちろん、それに加えてCaseの本質を見極める力や論理的思考力、他の学生とのコミュニケーション力や議論のファシリテーション能力まで見透かされてしまいます。(で、日本人は後者の能力を発揮する際に英語の壁にぶち当たるわけです。笑)

Case Competitionとはその名の通り、ある特定のCaseに関して学生がグループになってソリューションを考案し、学内/学外の他のグループとその成果をプレゼンなどで競う競技会です。私は今回、比較的事前準備が楽そうで、私の持つ専門性が発揮しやすいCaseに応募することとしました!

Wake Forest Case CompetitionはWake Forest UniversityのMBAプログラムの学生がアテンドするコンペで、IBMがスポンサーとなっています。本選に出場するためには事前に2つのケースに対するソリューションを記述したドキュメントと、各メンバーのレジメを提出して審査に合格する必要があります。

発表となったケースはこちら
1.IBMは3大ゲーム機のマイクロプロセッサーを生産している(PS3, XBox, Wii)。2009年3月にIBMは非常に売れているWiiに搭載されているプロセッサーを総計5000万個出荷した。マーケティングの観点からWiiでの成功を他のゲーム機に適用するためにIBMは何ができる(何をするべき)か?(任天堂との密接な関係を同時にどう保つかも検討すること。)

2.他の競合チームに対してあなたのチームの秀でたところを教えて下さい。創造力豊かにお願いします!

うーん、とっても面白いCaseです。なんといっても日本企業の話じゃーないですか!ということで、大胆にも私がリーダとなって3人のメンバーに声をかけて私のCase Competition活動は開始しました。(台湾人で元SONYでマーケティングやってた女の子にも声をかけたが断られた。。。ショック!笑)メンバーは以下の通りです。

・Logan
元建築家でおしゃれなナイスガイです。前職では主にカジノの導線設計をやっていて、いかにしてカジノにお金が流れやすくなるかなどを設計に取り込むそうです。すごいアメリカ的な職業ですよね。アーキテクトなのでコンピュータに関する見識も深いですが、奥さんの意見にはいつもタジタジです。

・Se Yun
韓国から来たアルマーニなど海外ブランドの韓国進出の際のバイヤーなどをやっていたガイです。これまたおしゃれな奴で、石田純一ばりに裸足にローファーとか履いてきたりします。石田純一の娘さんもCMUにいるので見せてあげたいくらいです。笑)彼はコンピュータはむしろ苦手な方みたいですが、私と同じくCase Competitionをまず経験してみたかったようです。

・Antoniちゃん
スペイン人留学生です!彼に関しては語ることが多すぎてやばいくらいおもろい奴です。U.K.ケンブリッジのTOSHIBA研究所で音声認識関連の開発をやっていたようです。非常に日本通で、僕に会うと日本語しゃべってきます。「ちくしょー」とか。笑)顔はキアヌリーブス系です。何度か飲みにいったり、僕の家で飯を食ったりしましたが、今のところ、うちの奥さんの一番のお気に入りです。笑

で、僕がリーダなわけです。。。こんな奴らを相手にするので、嫌でも嘘でも自分の意見を持って臨まないとすぐに活動が破綻します。どうなることやら、ということでその2に続きます。。。

P.S
皆さんならこのIBMのケースに対してどのようなマーケティング戦略を提案しますか?
[PR]
by mshiba64 | 2009-12-04 04:49