2009年9月からの2年間のMBA留学記。準備期間の2009年5月より開始。ご意見はmshiba64@gmail.comまで。ブログトップ写真はフランスChamonixにてMontblancを撮影


by mshiba64

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
友達
サマースクール
留学準備
出願対策
Japan Trek
事業
Europe
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

Garden Leave日記
HBS日記
28歳でのMBA留学とい...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

終身雇用というリスクのとり方

会社の後輩がFacebookに以下のブログ投稿をシェアしていました。
実力以上の給料を受け取るとどうなるのか、教えてもらった話。

彼が何を思い記事を投稿したか知る由もありませんが、
僕にとってはやっぱり雇用形態の話に感じます。

「終身雇用」

日本経済自体が右肩上がりだったときはこれ以上にすごいシステムは
ないなーと思います。終身雇用で将来の会社での出世のために、
若者はひたすら上司の言うことを聞いて働く。

そこに意思決定の是非の議論の余地はない。皆、成長する事業に
自分の成長を重ね合わせることができる素晴らしい時代。
そして自らのキャリアを犠牲にしてまでの会社への奉仕の先に
将来の出世という見返りがある構図です。

当然、今はそんな時代じゃない。でも雇用形態は昔のまま。
いきなり人材の流動性が高まるわけでもない。となりで仕事してる
先輩は大した役職につもつけずつまんない仕事をしてる。
でも会社をクビにはならない。なぜなら、彼は会社に奉仕してきた
貢献者だから。

紹介したブログにはそういう先輩を羨むべきだとあります。
まったくその通りなのです。彼は終身雇用制度の中で、
将来あるか分からない将来の出世にBETし、リスクをとり
失敗したアントレプレナーなのです。

人ひとりひとりに人生があり、選択があり、成功/失敗がある。
「社畜」とひと括りにするには根深い構造上の問題と働く日本人の
尊厳の問題があるんだと思いたいと考えています。
[PR]
by mshiba64 | 2016-07-06 14:15 | 事業

シャイな社内アントレプレナーと彼らの作る箱の話

なんだか意味分からないタイトルですが、最近切に感じることなので。

社内アントレの難しさを一言で語れ!と問われたなら私は

達成したいビジョンに人が集まるのではなくて、達成するためのビジョンを
考えるところから人が組閣されて「しまう」こと

と答えると思います。

私はいわゆるベンチャー企業を立ち上げた経験がないので、組閣の難しさを
客観的に比較できる立場にはないのですが、少なくとも社内アントレの後者の
組閣に感じるもどかしさは日々感じています。

私の周りがたまたまそうなのかもしれませんが、社内アントレで集結した
マネージメントクラスは皆とってもシャイ。笑)どういう意味かというと
アントレプレナーが普通に持つべき「自分を語る」「熱を伝えていく」という
ような行動が割と苦手。

プロジェクトマネージメントのように、何かしら皆の領域みたいなものが
箱のように切られていて、そこを領空侵犯したり同じ方向を向くために
必要なコミュニケーション(時にはけんか)が成されることもよりも
マネージメントのためのロジック作りが優先される。

そのロジックの中で「お前のビジョンはなんだ?」「あるべき事業とは
どういうものだ?」というやり取りに終始してしまうというのが冒頭で
私が書いた社内アントレの難しさとなります。

そんな中、先週堂々と私の領域に領空侵犯してきてけんかを申し込んで
来た新参の方が現れました!実は割と私が求めていたコミュニケーション
だったりして。笑

少なくとも僕がひそかに思うビジョンや事業のあり方を盗まれるよりは
チャレンジされるほうがやりがいがあるってもんですね。

と、ここまで偉そうに書きましたが、僕の部下やチャンレンジしてきた同僚
から見ると僕も社内アントレの権化に見えるかもしれません。

誤解から生まれるストレスや虚しさ、それでも我を通すための試行錯誤は続きます。
自分が選んだことなので、苦ではありませんがね。

結局ここが一番言いたいところ。

とりとめもないですが。
[PR]
by mshiba64 | 2016-07-04 16:49 | 事業